まつげ育毛剤の種類と効果について

まつげ育毛剤はまつげを伸ばす、生やす、増やすという目的のために作られたものです。
似たようなものにまつげ美容液がありますが、こちらは植物エキスや海藻エキスなどによるトリートメント作用なので、生やす、増やすといった育毛効果をうたったものではありません。

美容液と違い、まつげ育毛剤は医薬品の扱いになり、買う場合は基本的に医師の処方箋が必要になります。

では、その種類はどういったものがあるのでしょうか。
商品はいくつかありますが、共通しているのはビマトプロストという成分が使われているところです。
ビマトプロストは緑内障の点眼薬に使用されているものなのですが、まつ毛を伸ばす効果があることがわかり、アメリカの厚生労働省にあたるFDAがビマトプロストを使用している育毛剤の効能・効果および安全を認可しています。
(日本の厚生労働省では緑内障治療薬としては認可されていますが、育毛剤として認可されているものはまだありません。)
育毛剤を製造しているメーカーによれば、使い始めて16週間でまつげの長さが25%、密度が106%、色の濃さが18%アップと高い効果をあげているということです。

まつげは早期成長期(生えはじめ)、中~後期成長期(一定の早さで伸びる)、退行期(伸長終了)と成長を続け、休止期(しばらくとどまる)を経て抜け落ち、また早期成長期が始まるというサイクルです。
ビマトプロストの作用により早期成長期から中~後期成長期の時間が長くなり、太く長いまつげが育つというメカニズムです。

これら育毛剤はマスカラタイプ、筆ペンタイプ、綿棒タイプとメーカーにより使い方の種類があります。
緑内障薬とはいえ、症状のない人はできるだけ目に入らない方が安全なので、自分が使いやすいタイプを選択しましょう。