効率的なパワコン選びの方法

太陽光発電の設備を整える際には多額の費用がかかるものです。
しかしその費用の金額は将来的に発電において回収をすることが非常に重要であるため、効率的に選ぶことが必要です。

パワコンのマニアックな情報をお届けします。

一般的に発電パネルは発電量に応じて価格が比例する傾向がありますが、パワコンは発電量との兼ね合いでその容量を選ぶことが重要となるため、十分に発電量を予測し適切なものを選ぶことがより効率的に発電設備を整える方法となります。一般的にパワコンを選ぶ際には発電パネルの最大発電電力を想定し、これをカバーすることのできる容量のものを選ぶことが重要とされています。



その理由はパワコンの容量を超える発電量が発生した場合には余分な電力は捨てられてしまうため発電効率が著しく下がってしまうことになるからです。
しかし発電パネルは日照条件やその他の条件により発電量が大きく変動することから、その発電電力を常に最大限に発電するわけではなく、むしろこれを下回る発電量であることが多いことがわかっています。
そのため費用面から考慮すると発電パネルの最大発電電力に合わせてその容量を選ぶよりも、定常的な発電量を見越してその容量を選ぶ方が費用を削減でき早期に投資回収が行えることになります。



定常的な発電量を知る事は非常に難しいものですが、その際には発電パネルのメーカーや担当者に相談をすると経験からある程度の数値を教えてくれることが少なくありません。これらの情報を効果的に利用しながら最適な容量のパワコンを選ぶことが効率的な太陽光発電を行う上で非常に重要なポイントとなっています。