パワーコンディショナーの価格が決まるポイント

太陽光発電システムに必要なパワーコンディショナーの価格は、最大出力・変換効率・設置場所によって異なります。

価格のパワーコンディショナーを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

最大出力は高ければ高いほどパワーコンディショナーの価格もあがり、3.5kwなら25万円から30万円程度が相場ですが、5.5kwになると35万円から50万円が相場になります。

相場が高いと低価格なパワーコンディショナーは最大出力の小さなタイプを選びたくなりますが、太陽光電池モジュールの出力に合わせなければいけません。

最大出力が小さいと太陽電池モジュールのパワーを最大限に発揮できないので、必ず合わせるようにしましょう。
変換効率が低いと直流電力を交流電力に変換するときにロスができてしまい、発電した電力を無駄にしてしまいます。一般的には95%が基準となっていて、高いと97.5%の変換効率を実現しているメーカーもあります。
しかし発電効率が高いパワーコンディショナーはその分価格も高くなるので、予算とのバランスを考えながら決めましょう。


設置場所は屋内を推奨されていますが、スペースの問題により屋外にしか設置できない場合があります。屋外に設置する場合は屋外型を購入するか、特殊な設置箱の中に屋内用を備え付けるパターンもあります。

設置箱を使って屋内型を屋外に取り付ける場合には、パワーコンディショナーの本体価格以外に費用が必要です。



その場合は5万円から10万円程度費用が増えるので、あらかじめ計算に入れておきましょう。