パワコンの自立運転機能とは何か

パワコンには自立運転機能がありますが、全ての製品に備わっているものではありません。


これは停電時の非常用電源として使う場合に必要になる機能なので、売電だけでなく災害時の対策としての利用も検討しているのであれば備わっていることを確認しましょう。

なぜこの機能が必要かと言うと、パワコンは電力会社から電気が送られて来なくなったと検出すると系統連係保護装置によって出力を停止して発電できなくなります。
太陽光発電は売電するために外部の電線と繋がっているので停電中も送電できますが、電線に異常が起きるなどして復旧作業を行っているところに電気が流れ込むと異常を引き起こし、火災になる危険性もあるためです。

パワコンに関してはこちらのサイトをご覧ください。

これにより停電中はそのままでは発電できないため、出力を止めた状態で単独で動作させる必要があり、自立運転機能でその制御を行います。停電になったときに手動でパワコンを自立運転機能に切り替えますが、注意点として通常動作に戻す場合にも手動で切り替えなければなりません。



復旧後に自立運転にしていても故障が起きる危険性はありませんが、出力は停止しているので売電ができないので早めに戻しましょう。
なお、切り替え後も太陽光発電なので使用できる電気は日照状況の影響を受けるため不安定です。



非常時に安定した電気を使いたい場合はこの機能に加えて蓄電池も備えているパワコンを使う、または蓄電池を別途接続しておけば、溜めておいた電気を悪天候や夜間でも使えます。