パワーコンディショナーの価格と性能について

パワーコンディショナーはソーラーパネルで電気エネルギーに変換が行われた直流電源を住居内の家電品や照明器具で利用出来るようにするための交流電源に変換する装置です。

お手軽の価格のパワーコンディショナーの情報ならお任せください。

これは直流交流変換装置やDC/ACコンバーターなど呼ばれています。



ソーラーパネルの電源は乾電池と同じように直流電源になるので、電力会社が供給する電源とは種類が異なります。

そのため、太陽光発電にはパワーコンディショナーがなくてはならない存在になっています。価格が高い製品と安い製品があるかと思われますが、価格の違いは性能の違い、中でも電気損失が少ないなどの特徴を持ちます。
直流電源を交流電源に変換する時の電子回路内ではどうしても電気損失が生じやすくなります。

価格が高いパワーコンディショナーの場合、この電子回路をより複雑なものにする事で電気損失量を低減してくれるメリットを持っています。


また、パワーコンディショナーの価格は最大出力に応じて変わるのも特徴です。例えば、最大出力が3kWでは25万円から30万円、5.5kWでは35万円〜50万円などのように値段に差が生じる事になります。


ちなみに、パワーコンディショナーの最大出力は設置を行っているソーラーパネルの最大出力に合わせて選択するのが特徴で、ソーラーパネルの出力が大きくても、変換装置の出力以上に発電する事は出来ません。



また、現在のソーラーパネルの出力が大きいものにした場合、そのままでは発電が出来ないケースもあります。